8月31日から9月1日にかけて実施した「恩・波・仲プログラム」が、9月5日の琉球新報に掲載されました。
20130904_142514 



































以下、記事前文
「海の運動会」満喫
国頭 福島の児童招き交流

[国頭] 福島県相馬市の玉野小学校の児童らと県内の「ジュニアライフガード」の子供たちによる「海の運動会」が8月31日と9月1日、国頭村のオクマビーチで開かれた。砂浜を走り、一度海を泳いでまた砂浜を走る「ランスイムラン」や波乗り競争が行われ、子供たちは海で伸び伸びと遊びながら交流を深めた。
運動会は、災害支援活動や救急法の普及などに取り組むNPO法人「沖縄ウォーターパトロールシステム」が主催。同団体のメンバーは、これまで、東日本大震災の被災地支援をする「チームSOS」に参加し、福島県相馬市でボランティア活動を続けている。
今回、玉野小学校からは全児童11人が参加した。同小の付近は放射線量が高く3時間程度しか外に出る事ができない。同小の渡邊浩人校長先生は「ここは線量が低いので安心して遊ばせることができる。子どもたちにとっていい思いでになると思う」と喜んだ。
参加した小学6年の宮島慎吾君(12)は「海がきれい。もっと遊びたい」と笑顔を見せた。
同法人の音野太志理事長は「大切なことは自然が教えてくれる。福島の海ともつながっている沖縄の海で自由に遊び、自分の全力を尽くしてほしい」と話した。